読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金のお話

日常生活ではタブーになりがちなお金の話を、堂々とむしろ積極的に語るブログです。

必死で英語勉強して、TOEIC900超えたら、そこそこなお金になった

僕は、田舎の公立高校を卒業して、東京の大学に入って、そのまま東京で就職したので、日本人としてはごく平均的な英語力でした。海外旅行はちらほら行ったことはありますが、海外留学も海外駐在も経験がありません。たしか、大学を卒業した時のTOEICの最高点は500点くらいだったように記憶してます。

 

とりたてて英語が得意でもないし、好きでもないのですが、給料が高そうだから外資系系の会社に就職したので、英語を勉強し始めました。仕事はほとんど日本語だし、英語を使う機会なんてなかったのですが、やっぱり英語を話せる人は得してるなと感じたからです。

 

英語の勉強は上達が実感できず、ななかな苦労しました。日本の英語教育のせいにしたり、海外経験がないと無理なんだと、投げ出したくもなりましたが、なんとかTOEIC900くらいは取れるようようになりました。TOEIC900ときくと、英語が得意じゃない人は、ネイティブと同じくらいに思うでしょうが(僕も昔はそう思いました)、未だに喋りもしどろもどろで、よく笑われます。

 

でも、それがしどろもどろであっても英語でコミュニケーションをとれる、ということはとても金になりました。外資系の転職においてもそうですし、入ってからエライ外人と直接話せるということはとても差別化になりました(プロモーションしやすくなった)。僕は理系でPCや数字に強い自信はあるのですが、それに英語がプラスされた結果、他の人に対してちょっとした差別化になったんだと自己評価してます。

 

非常に苦労はしたものの、英語の勉強については、かなり割のいい投資だったな、と思うに至ってます。これまで、たぶん軽く500万円くらいのリターンは得られたような気がしますし、これからもリターンを享受できるのかなと思ってます。

 

ある程度の英語なら留学しなくても誰でも身につけることができます。そして、それは想像よりもずっと大きなリターンになります。TOEIC900超えても、僕は未だに英語は字幕なしではほとんど理解できませんし、いきなり英語ではなしかけられるとあたふたしてうまく答えることができないことが多いです。でも、いいんです。準備さえすれば狙い通りのことをある程度話すことができる、ところまでいけばかなりのリターンを得ることができるのです。

 

この記事に反響があったら、勉強方法についても書きたいと思います。